情熱農園 きらら通信

  • 2015年2月13日

DSCF7165

先日、山口県産業技術センター様にお願いしていた分析結果が届きました。

依頼試験成績書というものです。

試験は、やまぐち地域中小企業育成事業 成長支援枠の『きらら豊の改良品の開発』を目的と
した微生物検査を行いました。

安全安心と、改良点が繁栄されているかを証明するためです。

今回、54種類以上のサンプルを作成し、15種類ほど依頼試験に出しましたが、
私がイメージしていた試験結果になっており、ほっとしました。
DSCF7166

サンプルにはいろいろなバージョンを持ち込みました。

まず、きらら豊の沈殿物であるオリに特化したサンプル。

オリは植物を育てるにはとても有効です。
しかし、冷蔵で保管しないと傷みやすいのです。
そこで傷みにくいオリを作るテストを行いました。

いろいろとテストした結果、ベストな材料を見つけることが出来ました。

また、要冷蔵を条件とし、オリのみを商品にする方向性が見えました。

つぎに、オリを入れずに植物に効果があるものを目指し、糖分や材料の添加、発酵時間や
発酵方法の工夫をしたもののサンプル。

砂糖の配合だけでも大きな差があり、上白糖、きび糖、三温糖の配合は明らかな差となって出ました。
価格が高いものを使えばいいというものではないようです。
DSCF7086
また、発酵時間、発酵方法も今回のテストでベストなものを導き出せました。

DSCF7084

 

今回の成長支援枠では、6次産業化から出た果物や野菜の皮などから酵母を作り、
この酵母を加えたものを作るというテーマも上げていましたが、今回は残念ながら保留としました。

DSCF6462

 

酵母はそれなりに出来るのですが、安定して出来ず、一日一度、蓋を開けて空気を入れる際に雑菌が
入ることがありました。

酵母が上手く出来ても、きらら豊に加えたあとに雑菌が入り、傷むようです。

DSCF6441

産業技術センターの美人研究員に泣きついたところ、「家庭ではどうしても空気中に雑菌が多く
存在するので難しいのではないか」というアドバイスを受け、このテーマは保留としました。

(ただ、私は転んでもただでは起きない性格です。この野菜や果物の酵母のみを活用し、商品化の
アイデアが浮かびました。この酵素を生かしてみようと思います。)

今回の試験で一番の収穫は『竹炭のちから』の立証が出来たこと、また、竹炭で微生物の数を最大に
発揮するにはどういった方法がベストなのかということがわかったことです。

竹炭は適当に入れればいいというものではないのです。

竹炭を使用する際は煮沸が必要なだけでなく、投入するタイミング、何度のお湯にどれくらいつけて、
雑菌が入らないように竹炭水を作るなどノウハウが必要です。意外だったのが日光による相乗効果です。

試験結果に表れていますが、竹炭の処理、竹炭水の作り方で大きな差が出ます。

今回、最も効果があったものは、竹炭なしに比べて一般性菌数が35%、乳酸菌数が47%も
増加しています。

一般性菌数が増えたことで「悪い菌が入ったんじゃないの?」と疑われる方もいると思いますが、
不衛生さの基準となる大腸菌群や大腸菌、カビなどのテストも行い、安全性の立証が出来ます。

放置竹林の竹から焼いた竹炭を使用しているというだけでなく、竹炭の機能性、竹炭と微生物の
相乗効果を生かしたものが、きらら豊の特徴です。

地味で大変な作業ですが、今後も継続的にきらら豊の改良を行いたいと思います。

 

 

 

今回のブログ、ジョークは無しにします(笑)

きらら豊

きらら豊は、
選定された食品由来の微生物と竹炭の特性を活かして作られた
人や環境に優しいバイオリキッドです。

微生物の出す酵素の力で、臭い、汚れ、植物育成など、1本で3種の効果を発揮します。

きらら豊は、ペット 消臭・犬 消臭・靴 消臭・靴下 消臭・生ごみ 消臭 等に
効果的です。


  • 2015年2月10日

DSCF7181

まだまだ寒い日が続きますね。

先日、周南市リサイクルプラザ『ペガサス』にてやまぐちエコ市場3R見学会が開催され、
私ども情熱農園も参加しました。

DSCF7180

情熱農園では安全安心で環境に貢献できる生ごみコンポストキット

『エコんぽすと』を販売しています。

その関係で、やまぐちエコ市場に入会し、環境に関する見学会にも積極的に参加しています。

今回、『徳山下松港新南陽広域最終処分場』の施設をバスで見学したのですが、
そのスケールに驚きました。
正直なところ、『生ごみコンポストとは規模が違うなぁ』と感じました。

ただ、環境への取り組みに大小は関係ないと考え、情熱農園が出来る範囲で環境貢献をしていこう
と気が引き締まりました。

山口県の年間生ごみ処理費用は約40億円と言われています。
生ごみの約80%は水分ですので、助燃剤をかけて燃やさなければなりません。
助燃剤をかけて燃やすことにより、限りある石油資源を無駄にし、CO2を発生させ地球温暖化を
加速させてしまいます。

生ごみのリサイクル・有効利用は、日本はもちろんのこと、高度なゴミ処理施設を持たない
東南アジアの発展途上国では特に効果的だと考えています。
インドネシアでは「タカクラ」という「大豆を発酵させたテンペ菌液」を活用したダンボール
コンポストキットが普及し、生ごみを従来の20%も削減させています。

将来的には「エコんぽすと」をアジアなどでも普及させ、ゴミ問題に貢献することが情熱農園の
目標です。

エコんぽすとを普及させ、「生ごみの減量」と「生ごみの悪臭防止」に繋げ、環境負荷を小さく
すると共に生ごみのリサイクル・有効利用を推進したいと考えます。

 

周南市はゴミ対策に意識が高く、コンポスト購入補助制度も充実しています。
近年、行政の環境に関する意識、取り組みは素晴らしいものです。

 

見学会の後に、『周南市リサイクルプラザ ペガサス 環境館』建物内でリサイクルされた
自転車が販売されていました。

DSCF7178

なんと、3000円!で販売されています。
DSCF7179
この自転車は新わらしべの会の方々が、市、警察より撤去された放置自転車を修理し販売されている
ようです。

新わらしべの会とは周南市リサイクルプラザの協力を得て再利用可能な粗大ごみ(主に自転車)
を再生し、販売するボランティア団体だそうです。
収益金は周南市社会福祉協議会および地域に寄付されている様ですね。
素晴らしい活動です。

環境への思いに規模の大きさは比例せず、小さいことから積み重ねていこうと思いました。

きらら豊

きらら豊は、
選定された食品由来の微生物と竹炭の特性を活かして作られた
人や環境に優しいバイオリキッドです。

微生物の出す酵素の力で、臭い、汚れ、植物育成など、1本で3種の効果を発揮します。

きらら豊は、ペット 消臭・犬 消臭・靴 消臭・靴下 消臭・生ごみ 消臭 等に
効果的です。


  • 2015年1月16日

DSCF7130
お疲れ様です。

昨年末、成長支援枠で開発中の『きらら豊』改良品のサンプルを人気タレントの
所ジョージさんにお送りしたところ、ステッカーを送って戴きました。

ステッカーの裏には所さんの直筆で

『いい物 届く』

と書かれており、とても嬉しかったです。
DSCF7129

成長支援枠の開発はすべて既存製品の改良と販売促進なのですが、そのひとつとして
『植物育成スペシャル』を開発中です。

所ジョージさんは世田谷ベースという事務所兼遊び場?を所有されており、その敷地内で
家庭菜園もされています。
そこで開発中の微生物のオリと竹炭を生かした植物育成効果に特化したサンプル品を
使って頂きたいと思い、お送りしました。

今回の植物育成スペシャルの特徴は病害性抵抗性(エリシター)の向上をテーマとしており、
アミノ酸増加の為に熟成、酸性下で加熱し微生物を増やしたものをベースに竹炭を加えています。

所さんはボカシ肥料にもお詳しいようなので、
ボカシ肥料の臭いの抑制とさらなる植物育成向上に既存の『きらら豊』を、
野菜の硝酸イオンを抑える効果がある竹パウダーの特性を活用したコンポストキット
『エコんぽすと』も一緒にお送りしたのですが、
これらも所さんの菜園でご活用頂ければ幸いです。

これからも、安全安心で環境に優しく世の中を明るくするモノ作りに励みます!

きらら豊

きらら豊は、
選定された食品由来の微生物と竹炭の特性を活かして作られた
人や環境に優しいバイオリキッドです。

微生物の出す酵素の力で、臭い、汚れ、植物育成など、1本で3種の効果を発揮します。

きらら豊は、ペット 消臭・犬 消臭・靴 消臭・靴下 消臭・生ごみ 消臭 等に
効果的です。


  • 2014年12月9日

DSCF7113

おはようございます。
情熱農園 代表 岡本です。
先日の県庁でのプレスリリースの効果があって『きらら豊』が
株式会社 防長経済新報社 様に取り上げて頂きました。

DSCF7114
有難うございます。

これからもガンバリマス!

きらら豊

きらら豊は、
選定された食品由来の微生物と竹炭の特性を活かして作られた
人や環境に優しいバイオリキッドです。

微生物の出す酵素の力で、臭い、汚れ、植物育成など、1本で3種の効果を発揮します。

きらら豊は、ペット 消臭・犬 消臭・靴 消臭・靴下 消臭・生ごみ 消臭 等に
効果的です。


  • 2014年12月4日

DSC_0106

寒い日が続きますね。

 

本日のブログは、情熱農園が参加した

『山東省・山口県経済貿易商談会』

をリポートします。

私が中国に行くのはこれで2回目なのですが、前回は北京、今回は山東省の青島となります。

この商談会は、やまぐちエコ市場の総会の場で、山口県新産業振興課様のPRにより

知ったのですが、今年で14回目の開催だそうです。

 

初日は移動日となりました。

福岡空港より飛行機に乗り、無事、済南空港に到着。

DSC_0065

空港は思ったより綺麗でした。そのままホテルに移動です。

DSC_0066

ロビーがとても広いのが印象的なホテル「山東維景大酒店」です。商談会は翌日、この

ホテル内で開催されます。

DSC_0069

夜は歓迎レセプションが行われました。山東省の行政の方々の対応が親切丁寧で

とても感動しました。日本語での対応も素晴らしかったです。

DSC_0070

料理、お酒ともに非常に美味しかったです。日本人の口に合わせてくださったのかもしれません。

料理はちょっと辛めでしたが、私は好きな味でした。お酒は度数が40度もありましたが、

飲みやすく、癖がなかったです。

 

ホテルの部屋はこんなに豪華じゃなくてもいいかなというくらい立派でしたが、お蔭でぐっすり

寝ることが出来ました。

 

翌日は、朝から商談会です。

10710856_267973233326409_3686140514708037641_n

オープニングセレモニーが開催され、その後、各商談が行われました。

 

想像以上に『きらら豊』の安全安心、多用途を認めて頂き、非常に前向きな商談となりました。

今回の商談会には通訳がつきます。その方がとても優秀で事前に情熱農園のホームページを

見て『きらら豊』の特徴、用途などを把握されていました。驚きです!

日本語を教える先生をされている方でしたが、細かい説明などを加えてくださったので

とても助かりました。

この方のお蔭で商談が前向きなものとなったのは間違いありません。

 

商談会は午前のみ、午後は移動になります。

バスで移動の際、有名な観光地に立ち寄りました。

DSC_0072

DSC_0074

よくわかりませんが、有名な池のようです。

商談会2日目は済南ではなく青島での開催となり、新幹線で移動です。

DSC_0075

DSC_0077

山東省の方のご厚意で新幹線は通常とは別の待ち合わせ室、乗り入れ口からでした。

新幹線のスピードは日本の新幹線ほど速くはないですが、快適です。

移動時間が長かったので、山東省の広さを思い知りましたね。

 

夕方6時前にやっと到着。 ホテルに直行です。

DSC_0078

このホテルもとても立派でした。お値段も立派でしたが。

2日目の商談会も、ホテル内で行われます。

 

翌日、朝から商談会が開催されました。

DSC_0085

青島でも、きちんとオープニングセレモニーがありました。

 

DSC_0086

ホテルの22階で商談会が開催され、景色が素晴らしかったです。

建物がヨーロッパっぽいのはドイツの植民地だった名残のようですね。

 

青島の商談会もとても前向きな話となりました。

通訳の方もとても頑張ってくださいました。中国の安全安心に対する意識や、日中関係の

一般的な考えも休憩時に話をさせて頂きましたが、やはり、日本で報道されているものよりは

大げさなものではないようです。日本が好きな方、日本製品に対する信頼が高いと認識されている方が

多数いらっしゃるようで安心しました。

 

商談会は午前で終了。

お昼は各自で食べてくださいとのことでしたので、辛いラーメンを食べました。

DSC_0087

満席でなかなか座れませんでしたが、ラーメンが美味しかったので良しとします。

 

午後からは青島市視察となり、青島ビール工場を訪れました。

DSC_0088

DSC_0089

工場を見学してドイツの影響があるだけでなく、日本企業の影響も大きいことを知りました。

工場内で試飲が出来ますが、出来立てのビールはとても美味しかったですね。

そのあとに日本企業 イオンを見学。

DSC_0096

非常に衛生的で品揃えが豊富でした。日本のイオンとはキャラクターが違い、高級で

専門的な要素が強いイメージを受けました。駐車場はベンツやBMWなど高級外車が多かったですね。

 

夜は商談会参加企業及び現地進出企業による交流会が行われました。

DSC_0102

このお店は海鮮が特に美味しかったですね。アサリが名物のようです。

 

交流会後、甘いものが食べたくなったので近くのショッピングモールで物色。

DSC_0105

私と同じ名前の商品を発見。

 

DSC_0106

イエーイ!

 

DSC_0107

パッケージを見ると面白いものが多く、飽きませんね。

 

翌日は移動日となりました。日本に帰ります。

朝早く目が覚めてしまい、ホテル周辺の海辺を散歩しました。

DSC_0116

DSC_0093

DSC_0118

とても海が綺麗でした。意外といっては失礼かと思いますが、本当に綺麗です。

ビルの高さ、多さにも驚きました。

 

帰りは済南空港からではなく青島空港からとなりました。

DSC_0127

釜山空港で乗り継ぎ、無事、福岡空港に到着しました。

 

 

今回、山東省の商談会に参加したことで、現在の中国の実情を明確にすることが出来ました。

 

日本での中国に関する報道の影響もあるのでしょうが、中国や中国人に対して「過度に悪い」

イメージを持っている方が多い気がしています。

通訳の方から聞きましたが、確かに、無茶苦茶な食品業者やサンゴを密漁する悪い中国の方も

いるそうです。

しかし、「中国人のほとんど」と認識するのは危険です。

あくまで「中国人のうちの一部」でほとんどの人がそうじゃないと私は思います。

日本でも、すべての企業、国民がまともな状態とは言い切れないですからね。

フェイスブックを見ても、中国がどうこうという記事に対し、過度にエスカレートした表現をする方が

いますが、あおられないで冷静に判断すべきだと思います。

 

 

最後に、今回の『山東省・山口県経済貿易商談会』は

山口県商工労働部 新産業振興課、山口県国際総合センター、下関市、ジェトロ山口の関係者様の努力

のお蔭で素晴らしい商談会となりました。

このご縁を生かして、今後に繋げたいと思います。

 

きらら豊

きらら豊は、
選定された食品由来の微生物と竹炭の特性を活かして作られた
人や環境に優しいバイオリキッドです。

微生物の出す酵素の力で、臭い、汚れ、植物育成など、1本で3種の効果を発揮します。

きらら豊は、ペット 消臭・犬 消臭・靴 消臭・靴下 消臭・生ごみ 消臭 等に
効果的です。


▲ページのTOPへ
環境への取り組み
竹を使うということ
竹炭・パウダーの力
お客様の声・実証データ
お客様の声・実証データ

Copyright © 情熱農園 All Rights Reserved.