情熱農園 きらら通信

  • 2015年9月6日

8月28日に山口市名田島の山口南総合センターで行われた

「再生可能エネルギーシンポジウム」に参加致しました。

IMG_20150903_094222

IMG_20150906_062008

 

 

山口県環境生活部 環境政策課様からお声を掛けて頂き、

再生エネルギー関連設備等の展示会にも出展しました。

20150831224514

当ブースには、たくさんのお客様にお越しいただき、ご質問、ご意見等を

頂戴しました。

 

午後からは、東京大学大学院 新領域創成科学研究所自然環境学専攻 助教授の

寺田徹氏による講演「再生可能エネルギーと地域づくり:里山バイオマスの活用を例に」

を拝聴し、里山バイオマスについての興味がより一層深まりました。

周南市は自然が豊かな中山間部が多く存在するので、

里山バイオマスの考えから、新たなアクションが可能だと思います。

 

DSC_0556

 

他にも、

岡山県津山市低炭素都市推進室 室長 飯田早苗氏による

「津山発!地域活性化を目指したJ-クレジット活用」、

木質ペレット推進協議会山口支部長 束田浩一氏による

「ペレットストーブ等導入によるエネルギーの地産地消事業」、

山口県企業局電気工水課 調整監 神原克則氏による

「山口県企業局における水力発電の取り組み」

といった事例紹介がありました。

情熱農園では放置竹林対策として竹を活かす製品開発、活動を行っておりますが、

J-クレジット、ペレットストーブ、水力発電など今まで得られなかった情報を

事例情報から得られたことで、新たなアイデアが浮かびました。

このアイデアはすぐに行動に移し、具現化したいと思います。

 

今回の再生可能エネルギーシンポジウムは平日に開催されたにも関わらず、170名もの

参加があり、再生エネルギーへの意識の高さを感じました。

 

 

今後もこのような環境関連の催しに積極的に参加し、

環境に優しく安全安心な製品を広くPRしたいと考えています。

 

 

きらら豊

きらら豊は、
選定された食品由来の微生物と竹炭の特性を活かして作られた
人や環境に優しいバイオリキッドです。

微生物の出す酵素の力で、臭い、汚れ、植物育成など、1本で3種の効果を発揮します。

きらら豊は、ペット 消臭・犬 消臭・靴 消臭・靴下 消臭・生ごみ 消臭 等に
効果的です。


  • 2015年9月6日

DSC_1382

今夏、山口県では国際的なイベント『世界スカウトジャンボリー』

が開催されました。

世界スカウトジャンボリーというイベントは4年に一度開催され、

日本での開催はなんと44年ぶりだそうです。

『やまぐちフェスタ』というイベントも同時開催され、

各企業、行政機関がブース展示を行いました。

 

 

私ども情熱農園は春の段階から、世界スカウトジャンボリーでの

『きらら豊』の無償提供を検討し、

仮設トイレでの臭いの抑制、入浴、洗濯、食器洗いなどの汚れ、閉会後の芝生の

育成促進に活用して頂きたいと話を進めてまいりました。

 

残念ながら、

保管場所等の問題で無償提供は不可能となりましたが、

幸運にも日頃からお世話になっている山口県産業技術センター様、

やまぐち産業振興財団様共同のブースに、きらら豊の出展が可能となりました。

 

IMG_20150906_064956

DSC_1397

DSC_1387

 

ブース展示には海外からのお客様がたくさん来られ、翻訳アプリなどを

活用しながらコミュニケーションを取ったのですが、

海外でもトイレ、生ごみの臭いや汚れに関する洗剤等の環境破壊などが

深刻だとお聞きしました。

 

サンプルで、きらら豊をお配りした際には

「日本らしい製品で、

日本の美意識と日本の安全安心が詰まっていますね」

などとたいへん嬉しいお言葉を頂きました。

 

 

今回の出展で、人や環境に優しく安全安心な製品は世界の国、

特にアジア圏で求められていると強く感じました。

今後、汚れ、臭いの問題解決だけでなく

植物の育成促進が可能なきらら豊の多機能をPRし、

海外の循環型環境改善、農業生産でも貢献が出来るよう

努力をしていこうと思います!

DSC_1405

 

 

 

 

 

きらら豊

きらら豊は、
選定された食品由来の微生物と竹炭の特性を活かして作られた
人や環境に優しいバイオリキッドです。

微生物の出す酵素の力で、臭い、汚れ、植物育成など、1本で3種の効果を発揮します。

きらら豊は、ペット 消臭・犬 消臭・靴 消臭・靴下 消臭・生ごみ 消臭 等に
効果的です。

 

 

 

 

 


  • 2015年8月24日

こんにちは。

いつも情熱農園 環境製品開発部のブログをご覧いただき本当に

ありがとうございます。

 

本日のブログはホームページに関する☆お知らせ☆です。

 

今回、情熱農園ホームページのトップページと

yahoo!ショップに「きらら豊物語」のバナーを追加してみました。

 

きらら豊の複合的な使い方を紙芝居風のアニメでご紹介しています。

storybn

 

ホームページをのぞいてくださる方がとても多いのですが、

この「きらら豊物語」のコーナー、ちょっと目立ちにくいのか

見ておられない方も多く、「ぜひ見て頂きたい!」との思いからです。

 

「きらら豊物語・ウサギ編」は、自分のフンを食べるという性質を持つウサギの

お世話にも安心して使えるというお話。

もちろんうさぎ以外のペットにもおすすめです。

万が一舐めてしまっても安心ですので、

大切なペットの消臭・汚れ対策にぜひお試しください。

 

「きらら豊物語・魚釣り編」は、

釣りのときにどうしても気になってしまうエサや魚の臭い、

魚をさばいた時のまな板やキッチンの生臭さへの対策のお話です。

使用後は海や川に流しても自然環境に負荷を与えませんし、

植物育成効果もありますので、花や野菜の水やりに利用するのもおすすめです。

 

かわいらしいイラストで分かりやすく解説していますので、

ぜひご覧くださいね!

 

 

 

きらら豊

きらら豊は、
選定された食品由来の微生物と竹炭の特性を活かして作られた
人や環境に優しいバイオリキッドです。

微生物の出す酵素の力で、臭い、汚れ、植物育成など、1本で3種の効果を発揮します。

きらら豊は、ペット 消臭・犬 消臭・靴 消臭・靴下 消臭・生ごみ 消臭 等に
効果的です。

 

 


  • 2015年8月16日

i5

多機能型バイオリキッド『きらら豊』

今回は、魚釣りでの活用法をご紹介します。

 

楽しい魚釣りですが、エサや魚のにおいって

結構気になりますよね。

 

釣りの最中に手の臭いが気になる場合には、

手に原液をスプレーし、水や海水で軽くすすいでください。

DSCF6952

 

 

竿のグリップ部分などにも、シュッシュッとスプレーしていただくと、

臭いが気にならなくなります。

DSCF6935

 

 

バケツやクーラーボックスの臭いには、中に水を入れ『きらら豊』を

注ぎ(水1リットルに対し、100ccくらい)、洗ってください。

 

『きらら豊』は食品由来成分からできているので、洗った後の水を

海に流しても環境に負荷をかけません。

DSCF6950

 

 

ご家庭でクーラーボックスを洗った後の水は、水を足して

お花や家庭菜園の水やりにも使えます!

 

ぜひお試しください!

 

 

 

 

 

きらら豊

きらら豊は、
選定された食品由来の微生物と竹炭の特性を活かして作られた
人や環境に優しいバイオリキッドです。

微生物の出す酵素の力で、臭い、汚れ、植物育成など、1本で3種の効果を発揮します。

きらら豊は、ペット 消臭・犬 消臭・靴 消臭・靴下 消臭・生ごみ 消臭 等に
効果的です。

 

 

 

 

 

 

 

 


  • 2015年8月11日

今回は、情熱農園が提案する「エコんぽすと」をご紹介します。

 

『エコんぽすと』は、放置竹林問題にも対応した

山口県発の新しいコンポストキットです。

DSC01233

 

山口県の放置竹林問題は特に深刻で、その竹林面積は鹿児島県、

大分県に次いで全国で3位です。

実際、私どもの農園の近くにも、荒れ果てた竹林が多くみられます。

↓         ↓         ↓

DSCF6648

竹林の荒廃、拡大によって、生物多様性の低下や地滑り発生の助長、

里山の景観の喪失といった問題が起こっていることを知り、

竹材を積極的に利用し、放置竹林の減少に貢献したいと考えました。

 

そもそも、放置竹林はなぜ増加しているのでしょうか。

 

かつての日本では、竹製品やタケノコといった需要がありました。

しかし輸入タケノコの増加や竹製品の利用の減少により

経済的価値が低下し、さらに高齢化・担い手の減少などの理由から、

放置される竹林が増えてしまったのです。

 

一般的なダンボールコンポストは、基材にピートモス(水苔)が

使用されていますが、『エコんぽすと』では竹パウダーを採用しています。

そのことにより、出来上がった堆肥には、他の基材にはないメリットがあります。

 

それは、野菜に含まれる硝酸イオンを減少させる働きです。

硝酸イオンは、乳児やお年寄りとなど、胃液の分泌が少ない人にとっては、

体に悪影響を及ぼします。

また、いくつかの条件が重なると、発がんの可能性が高まるとも言われています。

 

また植物にとっても、余分な硝酸イオンが多いと生育が悪くなり、

病害虫に対する抵抗力が落ちます。

竹パウダーを使用した堆肥で育てることにより、野菜が丈夫になり、

農薬の使用量が減り、環境負荷を減らすことが出来るのです。

 

竹パウダーを有効利用したコンポストキットを発信することで、

竹の持つ色々な機能性を知ってもらい、放置竹林にも

関心を持ってもらえればと思います。

 

banner_econpst

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


▲ページのTOPへ
環境への取り組み
竹を使うということ
竹炭・パウダーの力
お客様の声・実証データ
お客様の声・実証データ

Copyright © 情熱農園 All Rights Reserved.