人間は常に呼吸して酸素を取り入れないと生きていくことが出来ません。人間にとっては水中などを別にすれば酸素はどこにでもあるように思われますが微小環境ではそうとは限りません。
水田などの水の多い土壌中では空気に触れる地面から数cmの深さまで酸素が届きます。ここには人間と同じように呼吸により取り入れた酸素を用いて有機物を分解してエネルギーを得る微生物が多数生息しています。しかし、これより少し深くなるとすぐに酸素が使い切られてしまいます。

有機物を参加するとエネルギーを得られますが、酸素が無ければ酸素の代わりに硝酸イオンを使用して有機物を酸化する硝酸呼吸を行う微生物が生息します。
硝酸イオンも使い切られると、硫酸イオンを利用して硫酸呼吸を行う微生物が生育するようになります。硫酸イオンは悪臭のする硫化水素となります。

硫酸イオンも無くなると二酸化炭素を呼吸に用いてメタンを発生するメタン菌が生息するようになります。つまり、悪臭が漂って硫化水素やメタンが発生するような泥の中では空気が通ってない状態を意味しています。しかし、そのような環境でも微生物はたくましく生きています。

微生物は肉眼では見えなくても土の中や動物の腸内、濁った水や発酵食品の中など、膨大な数で生息し、刻々と変化する環境に対応しながら栄養分を確保し、分裂増殖をして熾烈な生存競争を繰り広げているんですね。

微生物の世界って…本当に深くて面白いですね。
バイオの力で感動と素晴らしい体験を。 今日も一日、いってらっしゃい!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です