バイオ 微生物 bio

ある意味、最強! 酸素がなくても生きていられるの?

微生物は肉眼では見えなくても土の中や動物の腸内、濁った水や発酵食品の中など、膨大な数で生息し、刻々と変化する環境に対応しながら栄養分を確保し、分裂増殖をして熾烈な生存競争を繰り広げているんですね。
デトックス detox

ぶっちゃけ、微生物は『不気味』で『怖い』ものなの?

微生物と聞くと『ばい菌、カビ、ウイルス』を思い浮かべ、食中毒や感染症を引き起こすことから「怖い」「不気味」と思う方もいることでしょう。たしかに食中毒や感染症は人間と微生物の不幸な関係ですが、人間と微生物の関係はそれがすべてではありません。
プロバイオティクス probiotics

知っているようで知らないよね…ちょっとだけ深い微生物の話

人類は微生物の存在を意識するよりずっと前から微生物とともに生活し、微生物による感染症との闘いに挑み続け、微生物がもたらしてくれるワインやチーズなどの発酵食品を賞味してきました。微生物はそれぞれの環境の中で自分たちの役割を果たしながら脈々と命を繋いでいる。
酵素 enzyme

なぜ酵素は体に良いのか?…知っておきたい体との関係と魅力について調べてみた。

酵素が体に良いといわれるきっかけを作ったのは、米国で刊行された一冊の本『Enzyme Nutrition』(酵素栄養学)と言われ、この本では酵素が生命の維持に不可欠な栄養素のひとつであるとし、食品に含まれる酵素が人間の持っている酵素を補えると説いています。
豆乳ヨーグルト soy milk yogurt

豆乳と豆乳ヨーグルトは結局何が違うのか?…バイオを味方につけて腸内環境を改善してみた件

豆乳と豆乳ヨーグルトはどちらも同じようなもの?は大間違い…液体から固体になるプロセスで微生物が大増殖しているんですよね。 豆乳ヨーグルトを固めているのは乳酸菌やビフィズス菌といった微生物たち。腸内環境にフォーカスした場合、重要なのは乳酸菌を増やすことです。乳酸菌をたっぷり取ることで腸内の善玉菌が元気になるので体内での代謝活動が活発になる、栄養が吸収がされやすくなる、お通じがよくなるんですね。 
タイトルとURLをコピーしました